カズです^^

 

読者のみなさんはご存じの通り

僕は”ブログを使ったアフィリエイト”である

 

「ブログアフィリエイト」を

「匿名、顔出し無し」で展開して

ネットビジネスだけで生活をしています。

 

その収益性の高さや効率の良さは

下記の記事でも触れていますが

 

 

参考:【必読】アフィリエイトで”とにかく早く成功する方法”とは?

 

 

このブログアフィリエイトに

リストマーケティングを組み込むことで

 

「アフィリエイトによる自動収益化」を実現させているわけです。

 

 

参考:ネットでもっとも稼げるビジネスを教えようと思う

 

 

自動収益化とはそのままの意味で

「寝てても勝手に収入が発生する仕組み」

これを作ってしまえるので

 

1つの仕組みを作った後は

同じような仕組みを複数作ることで

収益は倍々ゲームで拡がっていきます。

 

 

で、こういう記事を投稿すると

 

「ブログアフィリやりたいです」

「やり方を教えてください」

 

という問い合わせも集中して寄せられます。

 

ただ、それと同じぐらいによせられるのが

 

「ブログアフィリ以外で稼げるものはありませんか?」

 

という質問ですね。

 

で、最近は特にSNS系のビジネス、

中でも「You Tube」を使ったアフィリエイトや

ビジネスモデルに関する質問が多いです。

 

特につい先日You Tubeの動画投稿に

「新ルール導入」がされたので、その辺りに関して

僕への質問も来ているタイミングです。

 

ということで、今回は新ルール導入もされた

You Tubeの広告収入(アフィリエイト)ビジネスについて

 

「その将来性はどうか?」

 

少し深く掘り下げて見ていこうと思います。

 

You Tubeの規約変更でユーチューバ―全滅?

 

まず個人的な見解から言うと

You Tubeは「まだまだ稼げる市場」です。

 

僕自身も「ある目的」でYou Tubeを

利用していますし、誰でも手軽に動画で

収入を得られるという「使いやすさ」は魅力的ですね。

 

学歴や年齢なども関係なくトライ出来て

当たれば月数万~数十万の収入も現実的なので

多くの人が動画投稿しているのも納得です。

 

2017年の調査では中学生の

将来なりたい職業でユーチューバ―が

男子で3位、女子で10位という人気ぶりですし。

 

↓↓↓

 

全回答者(中学生200名、高校生800名)に、将来なりたい職業を聞きました。
中学生についてみると、男子中学生では、1位「ITエンジニア・プログラマー」(24.0%)、2位「ゲームクリエイター」(20.0%)、3位「YouTuberなどの動画投稿者」(17.0%)、4位「プロスポーツ選手」(16.0%)、5位「ものづくりエンジニア(自動車の設計や開発など)」(13.0%)となり、女子中学生では、1位「歌手・俳優・声優などの芸能人」(19.0%)、2位「絵を描く職業(漫画家・イラストレーター・アニメーター)」(14.0%)、3位「医師」(13.0%)、4位「公務員」(11.0%)、5位「文章を書く職業(作家・ライターなど)」(10.0%)となりました。イマドキの男子中学生には「ゲームクリエイター」や「YouTuber」も人気の職業のようです。

参考URL:http://www.sonylife.co.jp/company/news/29/nr_170425.html

 

このようにまだ人気も根強く

実際に需要もあるのでYou Tubeは

まだ稼げる市場市場というわけです。

 

ただまぁ・・・それは間違いないのですが

 

それはあくまでも

 

「You Tube側のルールに則り

真っ当な手法で勝負している人」

 

に、とってはまだまだ収入源となる

魅力的な市場だということなんですね。

 

なぜならばYou Tube側の広告収益に

関する「規制」や「ルール変更」が近年

「まずます強化」されつつあるからです。

 

 

冒頭で少し言いましたがつい先日

You Tube動画収益を得るためのプログラムである

「You Tubeパートナープログラム」が2018年の

2月20日から新しく変更されることになりました。

 

内容は

 

「チャンネル登録者数が1000人以上」

「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」

 

この基準を満たしていないチャンネルは

2月20日以降は広告が付かない仕組みです。

 

で、特に厳しい変更になったのが

「再生時間」の部分かと思います。

 

↓↓↓

さらに広告掲載基準の根本的な変更もある。これまでは視聴回数1万回に達すると広告を付ける基準を設けていたが、来月20日以降は「登録者数1000人以上」と「過去1年で4000時間の視聴時間」の2つの基準を満たすチャンネルでなければ、広告は付かない仕組みとする。現在、日本のユーチューブには6592のチャンネルがある。そのうち登録者数1000人を超えるものは4417(18日午前時点)。約3分の2が基準を満たすことになるが、難しいのは視聴時間の方だ。

例えば登録者数1万人のチャンネルで3分間の動画を配信したとする。あまりのつまらなさに皆が最初の10秒間で見るのをやめた場合、10秒×1万人で10万秒=約27時間の視聴時間となる。4000時間には程遠い。

ネット事情に詳しい関係者は「これまでの視聴回数基準なら、極端な話、再生ボタンを連打していればよかった。それが視聴時間基準となると、クオリティーと固定ファンが求められる。脱落するユーチューバーが続出するでしょう」と語る。

参考URL:http://news.livedoor.com/article/detail/14176049/

 

つまり動画再生時間が設けられたことで

 

「再生回数だけ稼いでも無駄で

その動画が見続けられることが前提」

 

となったということです。

 

また、以前より1回あたりの動画再生収益も

年々下がってますし、再生回数が1万回に

満たない動画は収入自体も発生しません。

 

 

参考:http://news.livedoor.com/article/detail/14176049/

 

 

なのでこれからYou Tubeで広告収入を

得るためには、より視聴者のニーズにあった

「クオリティの高い動画」をリリースする必要が出てくるわけです。

 

逆に「インパクトがあるだけのつまらない動画」や

「質の低い内容の動画」を配信するユーチューバ―は

これからどんどん稼ぎにくくなっていくでしょう。

 

You Tubeというプラットフォームに依存するのは危険

 

と、まぁYou Tube市場は

どんどん規制が厳しくなっています。

 

正直もう少し規約を優しくしてくれないかな・・・

と個人的には思ってるんですけどね(^^;)

 

ただ、その稼ぎにくい市場を作ってる

原因の一端が「ユーチューバ―自身」にあるので

自業自得と言えばそうなんですが。

 

今回の規約変更にしてもアメリカの

人気ユーチューバ―のローガン・ポール氏が

 

参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=QwZT7T-TXT0

 

富士の青木ケ原樹海に入って遺体を撮影し

その動画公開が炎上した事が発端となっています。

 

ローガン氏は過激動画投稿で有名な

ユーチューバ―ですが、今回の件を機に

You Tube側からチャンネル提携を解除されてます。

 

こういった再生回数目的で投稿された

過激動画というのはローガン氏だけでなく

 

・ヤマト運輸の営業所にチェーンソーを持ち込み脅した

動画を投稿。暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕された事件。

 

・「白い粉」を警察の前でわざと落として逃げる動画を

投稿して、偽計業務妨害罪で逮捕された事件

 

・「サイゼリアで全品頼んでみた」の動画撮影で

ソファーで寝転んで周囲に迷惑をかけたり、食事を

大量に食べ残したことで炎上し、謝罪した件

 

など、日本でも多くの

「再生数獲得目的の過激動画」で

炎上事件が起こっています。

 

で、その度に少しずつYou Tube側の

規約が強化されていって稼ぎにくくなる・・・

 

ユーチューバー自身が

「自分で自分の首を絞めている状況」なわけです。

 

規約を厳しくすることでYou Tube側の

収入も少なくなると思う人もいるかもですが

 

You Tube側が取り扱う広告は

各企業から請け負っているものが大半なので

 

「過激動画」とかに広告を載せることは

You Tube側や広告元の企業イメージダウンに

繋がる可能性の方が高いわけです。

 

だったら規約を厳しくすることで

より質の高い動画に広告を貼るようにして

広告の質や価値を高めていくことの方が

運営も企業側もメリットになっていきます。

 

なので、この規約変更によって一定数の

ユーチューバ―がどれだけ死滅しようが

 

極端な話、「どうでもよい」んですよね。

 

逆にユーチューバ―側からすると

規約変更によって、今までの収入が

 

「一気にゼロになる可能性」も出てきます。

 

考えただけで恐怖ですけれど

現実的にそんな事が起こる可能性があるわけです。

 

そもそも収入元をYou Tubeという

プラットフォームに頼っている以上

 

「アレとコレとソレを守らないと駄目です」

 

と言われたらそのルールに従うしかないですからね。

 

You Tubeはまだまだ稼げますが

 

「これからも長期的に安定して稼げるとは言いにくい」

 

厳しいビジネス市場となっていき

その規制度合もどんどん強化されていくでしょう。

 

なので、長期的に安定して稼いでいくには

収入元となるプラットフォームを外部に依存せず

 

自分自身が「収入元」となるような

「稼ぎのタネ」を持っておく必要性がでてきます。

 

ブログは自分がプラットフォームになれる数少ない稼ぎのタネ

 

この「自分自身がプラットフォームなる」

という考え方は非常に重要です。

 

You Tubeに限らず、ですが

特定のソーシャルメディアに依存してしまうと

そのメディアのサジ加減で自分自身の

収益が、モロに影響を受けてしまいます。

 

そのソーシャルメディアが「〇」と言えば「〇」で

「×」と言えば「×」なわけですから、自分の収益源を

他人に全投げしてるようなものです。

 

例え

 

・どんなに登録者がいるYou Tubeチャンネルでも

・どんなにフォロワーがいるTwitterアカウントであっても

・どんなに友達数が多いfacebookページでも

 

メディア側の規約変更の時点で

今までのやり方が通用しなくなって収入激減、

最悪は「アカウント削除」なんてこともありますからね・・・(==;)

 

「小手先のテクニック」で

勝負するユーチューバ―は今後

どんどん稼ぎにくくなっていくでしょう。

 

 

だからこそ、こういう外部メディアを使って

稼いで行く場合であったとしてもそれとは別に

 

外部に影響されないメディアを持って

リスクヘッジを図っていく必要があるんですね。

 

で、その外部に影響されてない

メディアの1つが「ブログ」になります。

 

そしてこのブログで収益化する最も

効率的な方法がブログアフィリエイトです。

 

ブログは自分だけのメディアになるので

外部要因で急に消されたりすることがありません。

(無料ブログサービスは除きます)

 

こういう柔軟性もさることながら

収益性も他のメディアと比べて抜群に高いです。

 

で、そのブログへアクセスを呼ぶ導線として

いわゆる「集客の入り口」としてYou Tubeなどの

メディアを使っていくことで最大の結果に繋げていけます。

 

仮に「You Tubeで急に稼げなくなった」なんて

事態が起こったとしても、メディアを集客の入り口として

活かしながらブログ収益化に繋げられますからね(^^)

 

要は、例え各種ソーシャルメディアで

収入を稼いでいくとしたとしても

 

ソーシャルメディア(サブ収益&集客用)⇒ブログサービス(メイン収益)

 

という図式で運用していくのが

リスクヘッジを考えてもベターというわけです。

 

 

ただもちろん、ただガムシャラに

実践しても結果は出ませんので

そのまま実践する意味がありません。

 

そのため

 

「成果を出すべくして出すためのブログアフィリエイト戦略」

 

これを学んでいくことが前提です。

 

ブログアフィリで成果を出したいなら

ブログ構築から運営、収益化のあらゆる面を

結果を出すための「ポイント」を押さえて

実践していく必要があるということですね。

 

ただ・・・まぁこの当たり前とも言えるポイントを

押さえられてないから殆どのアフィリエイターが

全然お金を稼げていないという現実もあります。

 

逆を言えば、ブログにはブログなりの

運営の「コツ」や「稼ぎ方」がありますので

そこを押さえたアフィリエイト戦略を身につければ

 

特別なことをしなくても月収7桁レベルぐらいなら

1つのブログサービスだけでも普通に収益化できるわけです。

 

で、その「コツや」「稼ぎ方」で推奨している方法が

ブログとリストマーケティング(マルマガ)を使って

 

「商品を売る流れを仕組み化して

自動収益化を実現していく」

 

DRM×アフィリエイト戦略になります。

 

 

参考:【収入爆発】アフィリエイトで自動収益化を実現するDRMとは?

 

 

単純に労力をかけて一時的にドカンと

大きなお金を稼ぐことは難しくありませんが

 

それでは単純に作業量=収益額になるので

作業を止めたら収入もストップしてしまいます。

 

それでは労働型収入と同じなので

働く場所が会社か自宅かに変わっただけで

ネットビジネスをやってる意味がないです。

 

重要なのはその「労力」を無駄にせず

「いかに先の継続収入に繋げていくか」です。

 

だからこそ僕は

 

「今月は月収100万を稼げたけど

次の月には0円の無収入になった」

 

みたいな、その場だけは稼げるけど

あとは稼げなくなってしまうような

一過性のアフィリエイト戦略は使いません。

 

そのかわりに

 

「毎月30万を今後もずっと稼ぎ続けられる」

 

そんな継続的、安定的な収益が見込めるような

アフィリエイト戦略だけに労力をつぎ込んでいます。

 

重要なことは収益額ではなくて

自分の労力をいかに継続させて

長期に渡って収益化していくか?ということ。

 

で、そこを意識して実践をしていけば

ブログへの集客から売り込みの一連の

流れを「仕組み化」していくことで

 

ある程度「自動化」して収益化することも

全然出来てくる・・・というわけです。

 

もちろん魔法のように一瞬で仕組みを

作れるわけではありませんが一度作ってしまえば

 

後はその仕組みを2つ3つと増やしていけば

当然それに比例して収益額も増えていきますからね(^^)

 

ちなみに、仕組み作りと言うと

「アフィリエイト初心者は難しいんじゃないか?」

という、心配の声もあがりますが

 

逆に初心者の方が「自己流」の方法や

今までの経験による思い込みが無い分、

ノウハウを素直に吸収しやすい傾向が強いです。

 

今までのサポート生やコンサル生の結果を見ても

経験者よりも「より速い結果」を出している方が多いですね。

 

まぁそれでもいきなりブログは・・・

という方は、You Tubeなどの

ソーシャルメディアから始めてもいいですし

 

まずは「ネットでお金を稼ぐ感覚を身に着ける」

という意味でも転売などの方法をとっても構いません。

※僕が薦めている教材などもあります。

 

ただ、そういう即金性のある方法は

その場は稼げても持続性が薄い

「単発型」のビジネスモデルです。

 

だから長期的に稼いでいくためにも

次のステップとしてブログアフィリエイトを

学んでいくことが最良の方法になっていきます。

 

で、そのブログアフィリにリストマーケティングを

組み込んでいけば、より収益性の高いアフィリ戦略を

「意図的に狙って」実践することが出来るわけです。

 

この例のように、ですね。

 

 

参考:ネットでもっとも稼げるビジネスを教えようと思う

 

 

まぁいずれにしてもこの

 

・ブログ

・メルマガ

 

の2つを利用したDRM×アフィリ戦略が

最良で最強の方法には違いありませんので

興味ある方は是非トライしていただければと思います。

 

なお、このアフィリエイト戦略であったり

有用なノウハウや考え方などをアフィリ戦略の

「キモ」をメルマガ読者限定でお伝えしてますので

 

「一生食いっぱぐれる事のないスキル」を

手に入れたい方は是非とも下記より登録してみてください。

 

メルマガ登録はコチラ

 

是非参考にされてみてくださいね(^^)

 

自由なお金と生活を手に入れるには?

 

僕のサイトでは、ネットビジネスに関して

色々学べるような記事を公開しています。

 

 

目標は「自由なお金と生活、自由を手に入れる」こと。

 

 

これにピンと来た方、少しでも心が動いた方は

どんどんこのサイトを活用してみてくださいね^^

 

 

ネットビジネス挑戦が初めてすぎて不安・・・・・

一体何が自分に合っているのかわからない・・・・・

 

 

そんな場合は直接お問い合わせいただいても構いません^^

 

 

僕がしっかりとお答えしますのでお気軽にお問い合わせくださいね

 

 

カズへメールしてみる?

 

 

カズのお奨めネットビジネス教材はコチラ

 

 

ネットビジネスお奨め教材一覧

 

 

僕は知識ゼロからネットビジネスを始めて

今は社畜生活から脱出しネットだけで

生計を立てて自由な生活を満喫しています。

 

 

そんな僕がネットビジネスで自由を手にするまでの道のりです↓↓

 

 

カズが多額の借金を返済し自由を手に入れたストーリー

 

 

そして今なら期間限定で

そんな僕が成功するキッカケになった

稼げるネットビジネス無料レポートもお届けしています。

 

 

そこらへんの有料高額塾なんて目じゃない活きた

現在も稼ぎ続けるノウハウもお届けしています^^

 

 

↓↓↓画像をクリック↓↓↓

 

20140620134851070s

 

 

メルマガ登録はコチラ

 

 

優良商材級のノウハウやネットビジネスで稼ぐために

絶対必須な考え方や手法など、サイトでは伝えきれない

業界の裏側まで完全無料でメルマガでお伝えしています。

 

 

是非、どうぞ♪

 

 

では、カズでした。