カズです^^

 

アーティストのGACKTこと

大城ガクトさんが関わるということで

 

一躍有名になった「スピンドル」という

仮想通貨ICOコインがあります。

 

※ICOとは株で言うところの

上場前の「未公開株」のようなものです。

 

↓↓↓

参考URL:スピンドル公式ページ

 

このスピンドルはGACKTさんが

ICOコインをリリースする側の

いわゆる「主要メンバー」なんですが

 

ご本人が有名人ということもあり、

またスピンドルが今や日本でも

大盛り上がりの仮想通貨ということもあり

 

このコインの有効性だったり将来性については

「賛否両論」様々な意見が出ています。

 

 

で、そんなスピンドルを利用した

無料オファー案件がつい最近出てたわけですね。

 

その名も「ミッシングピースプロジェクト」

 

↓↓↓

ミッシングピースプロジェクト

参考URL:参考URL:http://www.missing-piece.net/lp/01magazine/sp/index.html

※現在 上記URLは機能してません。

 

内容はスピンドル開発資金集めの

ための、プレセール案件のようですが

 

なんと1月14日開始にも関わらず

翌1月15日には「キャンペーン中止」になったんですね。

 

あまりにも早い中止に

 

スピンドル終わり?

これからどうなるの?

 

ということで騒がれましたが

 

キャンペーンが中止になっただけで

結論スピンドルは「無くなってません」

 

・・・今のところは、ですが。

 

 

で、今回キャンペーンが中止となったのも

もちろんガクトさんに問題があったわけではなく

主催側に原因があったわけなんですね。

 

というわけで今回も

ネットビジネスの「闇」が出てしまった・・・

そんな事件になっています。

 

とりあえずスピンドルは安全なのか?

 

事件の概要の前にスピンドルについて

将来性があるのか?安全なのか?という点の見解。

 

先程も言いましたがスピンドルについては賛否両論あり

どちらかと言えば現在は否定的な意見が多い状況です。

※2018年1月16日現在

 

で、その理由の主な要因というのが

ガクトさん以外のスピンドル関係者にあります。

 

というのも、過去に関東財務局から行政処分を受けた

ドラグーンキャピタル社の宇田氏が関与していると発覚。

 

過去に行政処分を受けた会社が主導してる

スピンドルって「危ないんじゃないか」

という懸念が拡がってるんですね。

 

Twitterでも色々つぶやかれてます。

 

↓↓↓

 

ただし、今回はガクトさんも関係しているぶん

各メディアへの露出や影響力もハンパないし

言ってみれば「ヘタなことが出来ない」ワケです。

 

 

この行政処分云々も過去の事ですし

今後ちゃんと運営してくれれば問題ないと

少なくとも僕はそう思ってます。

 

でも、仮に・・の話ですが僕自身が

スピンドルに投資するか?と言えば

 

 

その答えは「NO」です。

 

 

というのは、スピンドルのホワイトペーパーが

「ちょっと・・・なぁ」という内容になっているから。

※ホワイトペーパー=商品の説明書 みたいなもの。

 

ホワイトペーパーの冒頭では

 

世界のすべての不正の状況に巻き込まれ苦しむ人々と、

圧政により自由を奪われた人々、富を失った人々、

長年、神戸製鉄所に勤務していた父に捧げる。

参考URL:https://spindle.zone/spindlewp20171228.pdf

 

まさに「不況に苦しむ貧困層の人々を受け入れる」

かのような、文言で始まっているんですが

肝心のICO参加の条件が「凄く」厳しいんですね(^^;)

 

  • 暴力団関係者、反社会的勢力、また左記に準ずる者
  • 仮想通貨を保有した事がない者。または仮想通貨に対する知見が全くない者
  • 75歳以上の後期高齢者
  • 18歳以下の未成年者
  • 後見人及び補佐人を必要とする者
  • 過去に株式や債券等の有価証券、デリバティブなどの投資経験が1年未満の者
  • 先進国居住者で、金融資産が10万USDに満たない者
  • 新興国居住者で、金融資産が3万USDに満たない者
  • 自身の保有する金融資産の50%以上を本ICOでトークンに兌換しようとする者
  • 身元・身分が不明瞭な者
  • 他社になりすまし、ICOに参加しようとする者。これは居住国法律に準拠しない代理者も含む。
    参考URL:https://spindle.zone/spindlewp20171228.pdf

 

上記に該当する人は

ICO参加が出来ないようになってます。

 

僕が着目したのは金融資産が

 

「新興国居住者なら資産10万USD」

「先進国居住者なら資産3万USD」

 

最低でもこれを持ってないと参加不可という部分。

 

まぁ当然ある程度の資金がないと

ICO参加は出来ないとは思いますが

 

「圧政により自由や富を奪われた人」に向けて

「金融資産無いと参加は無理です」って

言ってることが矛盾してないか?と思うわけです。

 

ということで、この参加条件がどうも腑に落ちないので

個人的には投資はしないという見解です。

 

 

まぁここで「何が正しい、正しくない」を

論じたところで、あまり意味ないと思いますし

 

結局「投資は自己責任」なので興味があれば、

各自で判断してチャレンジしてみるのもアリと思います。

 

ですが、どんな投資を行うにしても損失リスクは

当然あるので、自分なりに内容を調べた上で

 

「最悪資金を全部溶かしても良い」

 

ぐらいの気持ちと投資額で

長期運用目的でチャレンジするのが

精神的にも安全(笑)だと思います(^^;)

 

スピンドル側がミッシングピース案件を「全否定」

 

ではミッシングピースの話にいきます。

冒頭でも少し触れましたが、この案件は

 

スピンドルを大々的に宣伝(資金集め)するため

ガクトさんとの対談のローンチ動画も含めた

広告代理店の「一大キャンペーン」でした。

 

 

僕の方にも色々な情報商材屋のLINE@から

本案件のメッセージが凄い送られてきたので

 

「気合入ってんな~」という感じで見てましたが

 

まさかの「たった1日でキャンペーン中止」という始末。

 

ちなみに現在の登録ページなんですが

下記のような表示になり、全くアクセスできません。

↓↓↓

 

で、何故こんなことになったかと言うと

 

このミッシングピース自体が

 

「スピンドル事務局が認めてない

不正なキャンペーンだったから」

 

なんですね。

 

だから慌ててキャンペーンが

中止という運びになってしまった・・・というわけです。

 

この件はスピンドル事務局の

公式Twitterでも正式発言されています。

 

↓↓↓

 

 

ということで、ミッシングピース案件は

 

ガクトさんの知名度を利用して

対談動画も流用して独自に展開された

未認可キャンペーンだったわけですね。

 

で、実際にキャンペーンを

やってみたものの、スピンドル側の対応を見て

 

「コレはヤバイ・・・!!」

 

ということで急きょ中止にした、ということでしょう。

 

 

まぁこのまま案件が進んでいったとしたら

最後にスピンドルの販売か、仮想通貨系の

スクールとか教材の販売へ流れていたと思います。

 

 

ただ、そもそも未認可なのに勝手に

オファー案件として出すとかって

ちょっと神経を疑いますけどね(^^;)

 

特にガクトさんとか日本でも指折りの

アーティストだから肖像権や著作権も関わるはずで

その辺りの認可とかも考えなかったのか?

 

 

素人目でも「何故出しちゃったのか?」

と、疑問しか湧かない不思議な案件ですね。

 

 

まぁでもこの辺りは有名人の画像を

勝手に流用してLINE@に乗せたりする

情報商材屋も昔から居ますからね(><)

 

 

参考:【通帳残高を捏造?】富豪セリナのマザーギフトでホリエモンも訴える?

 

 

とは言え・・・そもそもこんな方法で

セールスをかける事自体が

 

「バレても謝っちゃえばOKでしょ?」

 

という販売者側の「悪意」を少なからず感じます。

 

 

そしてそれがネットビジネス界で

まかり通ってると思われているとしたら

正直「残念」な気持ちでいっぱいですね。

 

なおこのスピンドル案件に関しては

ミッシングピース以外にも未認可代理店による

取り込み詐欺行為も行われている模様。

 

↓↓↓

 

いずれにしても色んなところで便乗した

詐欺行為が行われているようですので

皆さんも十分に気をつけてくださいね。

 

2018/8/6追記

GACKTさんのスピンドル案件ですが

プレセールスで1SPD(スピンドル)30円弱で

総額220億円分の出身金を集めたものの

 

その後上場後に大暴落してしまい

現在は1SPD=0.3円弱で価値が100分の1になってしまいました。

 

かなり話題になっていてここ数日の間で

ネットニュースでも騒がれていますね。

 

GACKT捜査対象か 仮想通貨「無登録営業」問題で警察動いた

上場前のプレセール時のレートは1スピンドル(SPD)=30円弱。ところが、5月19日に国外の取引所5つで上場したスピンドルは大暴落し、1SPD=3円弱と、価値が10分の1に。1日現在の価格は0・3円弱で、ついに100分の1になってしまった。

“胴元”側のGACKTは上場直後に数千万円分を売り抜けたといいます。これは草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を使ったICO(資金調達)でよく見られる手口。『上場後に100倍になる』『あの有名人も出資している』などの売り文句で出資を募り、上場後に胴元側だけが抜いて荒稼ぎする。バックに半グレや反社会的勢力がいることも多い」とは仮想通貨に詳しいライター。

しかも、スピンドルの企画・販売会社Bは無登録営業で今年1月、金融庁から資金決済法違反の疑いがあると通告された“いわくつき”の業者。関係者によると「出資者にそのことは伏せられていた」という。

冒頭の警察関係者は「現在、警視庁生活安全部内のサイバー犯罪対策課がスピンドルの件を調べていると聞いている。当然、GACKTも捜査対象だ」と話す。

サイバー犯罪対策課は今年1月、コインチェック社で580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した際に、盗まれたNEMの追跡などを行ったエキスパート集団だ。

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術で売買の履歴が残る。サイバー課はGACKTら胴元側の履歴を念入りに調べている」(同)

参考URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000005-tospoweb-ent

 

ということで、かなりヤバそうな状況に

なってしまっているようですね(><)

 

まぁ、どんな有名人が紹介していても

別にその人がICOを直接開発したわけでもなく

作られたICOの技術的な詳細を知っているわけでもないので

 

「〇〇さんの紹介だから安全」

 

と、ICO投資する根拠にはやっぱりならないですね(^^;)

 

投資はあくまで「自己責任」。そこはお忘れなく。。。

 

どうせなら「長期型資産になるビジネス」をやろう

 

そんなスピンドル案件について

今回は話していきましたが、

 

スピンドルのようなICO案件に関わらず

今、仮想通貨市場は「流行り」の時期なので

 

ほぼ「毎日」の勢いで似たような

仮想通貨系のオファー案件が出てきています。

 

でも、どの案件も

 

「簡単に」

「楽して」

「努力なし」

 

みたいな煽り文句で、数千万とか

1億円稼げますと宣伝してきます。

 

まぁでも実際にそういう案件を試して

稼げた人を見たことはないですけどね。

 

というか

 

「本当に稼げる案件」が「ほぼ毎日のペース」で

販売者を変えて出続けるワケがありません。

 

ちょっと考えればわかるはずです。

 

 

とは言え、仮想通貨市場は今なら確かに

投資しただけで含み益が出やすいので

 

”ネットでお金を稼ぐ最初のキッカケにする”

 

目的ならチャレンジしても良いと思います。

 

 

でも見方を変えれば

流行ってて人気があるけど

 

「流行りが終われば市場バブルも

はじけてしまう単発型のビジネス」

 

とも言えるわけです。

 

 

また、下のチャートのように価格変動も激しく

220万円台のビットコインがたった数日~数週間で

120万円台の価格に暴落してしまうこともザラなので

 

↓↓↓

 

通貨価格の上昇や暴落が激しい世界なので

「安定」したビジネスとは とても言えません。

 

 

なので「継続的に安定して稼いでいく」という

長期的ビジネスという意味で、僕はおススメしていません。

※”単発的なお金稼ぎ”としてなら推薦する教材はあります。

 

 

参考:ネットでもっとも稼げるビジネスを教えようと思う

 

 

ビジネスというのは「一瞬」だけ稼げるのではなく

「長期に渡って」「継続的に」稼げないと意味がありません。

 

 

そういう意味で、僕は仮想通貨投資は

 

「”ネットでお金を稼ぐキッカケ”として利用して

その利益や経験を活かして次のステップへ進むための土台」

 

として利用すべきだと考えていて

 

仮想通貨投資を自分のビジネスの

「軸」にしてしまうのは危険だと思っています。

 

 

どうしても投資をしたい場合であっても

まずは「資金元となる堅実なデジタル資産」を

持っておくことが大事になってきます。

 

 

要は

 

 

①安定的なネットビジネスで収入を得る

②その収入を元手に投資を行う

 

 

このように、しっかりとした収入元を

確保した上で「余剰資金の範囲内」で

チャレンジしていくのが正解です。

 

 

そしてそのネット上の資産を構築するために

最も最適なビジネスとして僕は「アフィリエイト」を推奨しています。

 

 

参考:アフィリエイトとは何か?本当の意味を知ることが最初の一歩

 

 

そしてアフィリエイトの中でもDRMを応用した

DRM×アフィリエイト手法であれば、より収益性も高く

最終的には「ほぼ自動」で収入を発生させることも可能です。

 

 

参考:【収入爆発】アフィリエイトで自動収益化を実現するDRMとは?

 

参考:DRM×アフィリエイトで2か月で成果を出した山本さんの話

 

 

もちろんこのアフィリエイト手法は

誰でも学べて誰でも実践可能なので

 

「初心者だから出来ない」

「特別なスキルがないと無理」

 

など特別な条件は必要ありません。

 

 

必要なものと言えば

 

「ブログ」

「メルマガ」

 

ぐらいのものですし

あとはPC1台さえあれば

 

いつでも誰でもお金を稼ぐことのできる

「超現実的で再現性もあるビジネス」です。

 

 

もちろん”何もせずに楽して稼ぐ”ような

魔法のような方法ではないので、

最初は勉強や実践は必要ですが

 

 

ネット上で長期的に安定して稼ぎ続けられる

「技術」を手にしたいのであれば、迷わず

このDRM×アフィリエイトの手法を

学んで実践していただければと思います。

 

自由なお金と生活を手に入れるには?

 

僕のサイトでは、ネットビジネスに関して

色々学べるような記事を公開しています。

 

 

目標は「自由なお金と生活、自由を手に入れる」こと。

 

 

これにピンと来た方、少しでも心が動いた方は

どんどんこのサイトを活用してみてくださいね^^

 

 

ネットビジネス挑戦が初めてすぎて不安・・・・・

一体何が自分に合っているのかわからない・・・・・

 

 

そんな場合は直接お問い合わせいただいても構いません^^

 

 

僕がしっかりとお答えしますのでお気軽にお問い合わせくださいね

 

 

カズへメールしてみる?

 

 

カズのお奨めネットビジネス教材はコチラ

 

 

ネットビジネスお奨め教材一覧

 

 

僕は知識ゼロからネットビジネスを始めて

今は社畜生活から脱出しネットだけで

生計を立てて自由な生活を満喫しています。

 

 

そんな僕がネットビジネスで自由を手にするまでの道のりです↓↓

 

 

カズが多額の借金を返済し自由を手に入れたストーリー

 

 

そして今なら期間限定で

そんな僕が成功するキッカケになった

稼げるネットビジネス無料レポートもお届けしています。

 

 

そこらへんの有料高額塾なんて目じゃない活きた

現在も稼ぎ続けるノウハウもお届けしています^^

 

 

↓↓↓画像をクリック↓↓↓

 

20140620134851070s

 

 

メルマガ登録はコチラ

 

 

優良商材級のノウハウやネットビジネスで稼ぐために

絶対必須な考え方や手法など、サイトでは伝えきれない

業界の裏側まで完全無料でメルマガでお伝えしています。

 

 

是非、どうぞ♪

 

 

では、カズでした。